本文のエリアです。

クルーインタビュー

給油課 器材係

給油部給油課器材係の主な業務内容

  • 給油車両の製作に関すること

  • 車両および給油用機器の点検、警備および管理に関すること

  • 車両の管理基準および点検基準の作成および管理に関すること

日常の業務内容

羽田支社には給油車両(サービサー)25台、レフューラー(タンクローリー)6台があります。また空港内で使用する連絡車両を入れると50台以上の車両がありますが、そのすべてのメンテナンス、維持管理をおこなっています。器材係は全員が整備士免許を取得しています。また特殊車両であるため、新しい車両を仕入れる際は、メーカーと共同で開発にあたります。

安全に対する心構えや取り組み

安全確認、作業確認は複数の人間でチェックしています。器材係は縁の下の力持ち的な存在ですが、ここでの整備に不具合があると、安全な給油業務や施設管理ができません。いつもその気持ちを忘れずに作業にあたっています。

仕事を通じて一番嬉しかったこと良かったこと

給油係のメンバーにサービサーの使い勝手や要望を聞いてまわり、自らの創意工夫によってより使いやすく改善できた時、仕事の喜びを感じました。