本文のエリアです。

羽田空港本格国際化への貢献

三愛石油は、羽田空港再拡張事業にともない、ハイドラントシステムの拡張工事、取り扱い燃料増加にともなう貯油タンク増設や桟橋を新設しました。

羽田航空再拡張事業

羽田空港では、2010年10月より国際線ターミナルと新滑走路(D滑走路)の供用が開始されました。4本目となるD滑走路の完成に伴い、昼間と夜間を合わせた発着枠は、段階的に30.3万回から44.7万回へと大幅に増えることになりました。また、この14.4万回の増枠のうち、9万回を国際線に充てることとしており、国際定期便の就航は羽田の24時間国際拠点空港化の実現に向けての第一歩となりました。

三愛石油のハイドラントシステム 国際線地区の拡張工事

三愛石油では、発着枠の増加に対応すべくハイドラントシステムの国際線地区拡張工事や、取り扱う航空燃料の増加に対応するための貯油タンク2基の増設、大型タンカーが着桟できる桟橋を新設いたしました。

  • 配管敷設工事

  • 増設した貯油タンク

  • 大型タンカーが着桟可能な桟橋

今後も、ハイドラントシステムの運営管理と航空燃料の給油業務における一層の安全確保に努めてまいります。

ハイドラントシステムとは


ページの先頭へ

  • サービスステーション
  • ホームエネルギー・LPガス
  • 産業エネルギー
  • 天然ガス
  • ケミカル製品
  • 航空燃料取扱事業