本文のエリアです。

経営理念

創業者 故市村清社長の経営理念

三愛石油は、「愛」の企業です。戦争の荒廃のなかで創業者・市村清が力強く唱えた三愛精神とは事業活動を通じて、人に報い、社会に報い、仕事に報いるということでした。

それは、いいかえれば、ひとりひとりのお客さまのことを私どものひとりひとりの社員がまさにわが事として真剣に考え 人間対人間の顔の見えるおつき合いをさせていただくなかでともに励み、成長し、よりよい社会を建設していこうという「顧客第一主義」と「CS経営」にほかなりません。

三愛石油は、一面では強大な販売力を持つ「エネルギー商社」です。しかし、それは無機的なメカニズムとしての商社活動ではなく、熱い血が通う、緊密な人間関係のうえに築かれた躍動するコミュニケーション活動だということができます。いまや単に「モノ」の商社であるだけではなく「心」と「情報」のディストリビューターとしてすべてのお客さまとともに新しい時代の創造へ向けた歩みをつづけていきたいと考えています。

三愛石油は、創業者を同じくする株式会社リコーや株式会社三愛の属す 「リコー三愛グループ」の一員です。

リコー三愛グループ「三愛会」

企業情報


ページの先頭へ