本文のエリアです。

女性の活躍推進

三愛石油の女性活躍推進法に基づく行動計画

計画期間
平成2016年4月1日~平成2021年3月31日
計画内容
  1. 1.採用人数に占める女性比率を20%以上とする。

    • ・営業職や研究職、技術職など女性の少ない職種での女性採用数を増やす。
    • ・インターンシップにて、羽田支社での建設・施設管理部門に理系女性学生を受け入れ職種内容の理解度を深めてもらい採用に繋げる。
    • ・羽田空港エプロン内給油事務所の施設(仮眠室・ロッカールーム)を男女別に分離し、女性の働き易い職場環境を整える。(2016年度 実施済み)
  2. 2.女性管理職の数を倍増させる

    • ・ 内閣府男女共同参画推進連携会議議員による管理職向け講演を実施し、管理職の意識改革を図る。
    • ・営業職向けに開催していた社内研修(債権管理・財務分析研修)に管理部門の社員(女性)も随時参加とし、知識・スキルの向上を図る(年2回開催)。
    • ・ライン管理職になる前に、職能資格における課長役向けの管理職育成研修を実施し、管理職に必要な知識・意識の向上を図る。
    • ・年1回の自己申告書にて、社員の希望職種と現在の配置とこれまでのキャリア及び今度求められるスキルのギャップを分析する。
従業員に占める女性比率

(2017年3月31日現在)


ページの先頭へ