本文のエリアです。

法令・ルールの厳守

三愛石油グループでは、危険物を取り扱う企業として、安全の確保、法令順守を経営上の重要事項と位置づけ各種訓練や保安に関する監査を実施しています。

環境安全監査~お客さまや施設の安全を確保しながらエネルギー供給することが我々の使命~

三愛石油では危険物を取り扱う企業として「環境」の保護、「安全」の確保を経営上の重要課題と捉え三愛石油グループ施設の保安に関する監査=環境安全監査として、各事業所等に対して、環境・安全に関する法規制や条例の順守状況の監査を実施しています。

この監査は2004年に環境マネジメントシステム(ISO14001)の内部環境監査の一部としてスタートしましたが、翌年には環境マネジメントシステムに取り組む事業所以外の事業所も対象とし、環境安全監査として独立して監査を実施するようになりました。

環境安全監査実施以前にも各事業部では保安担当者が保安査察を実施していましたが、環境安全監査となってからは三愛石油CSR推進部が監査を実施しています。また、石油やガスの施設については各関係会社の保安担当者と共に監査を実施しています。

環境安全監査 危険物を取り扱う企業として

監査内容

~法令順守やリスクへの対応は、会社を守ると同時に従業員の身を守ることになります~

毎年、三愛石油グループの石油・ガス・その他施設、北は北海道から南は鹿児島まで合計約300ヵ所を監査しています。

監査はチェックシートを使用し、環境基本法の公害7項目(大気汚染・水質汚濁・土壌汚染・騒音・振動・地盤沈下・悪臭)等の環境関連法、労働安全衛生法等について当該事業所施設等の監査と改善指導をおこない、石油関連施設は消防法を中心とした関係法令、ガス関係施設は液石法・高圧ガス保安法の順守と法令以外に自主的に厳格な基準を定めた施設等の維持管理状況の監査と改善指導をおこなっています。

また、各施設の事故・災害を未然に防止するための施策・教育等の指導も実施しています。

サービスステーションでの地下タンク検査
(水の混入の有無確認)

LPガスの充てん施設の現場確認

環境安全監査のPDCA

~三愛石油グループは環境安全監査の継続的改善により企業の社会的責任を果たしていきます~

PDCAサイクルとして、年度初めに年間の監査スケジュールを立て監査を実施します。監査結果は環境安全委員会から各事業部、三愛石油グループCSR委員会・取締役会にて経営層に報告され、情報の共有を図っています。

指摘事項に関しては是正処置・是正計画が提出され、監査員はそれに基づき是正確認監査をし、その結果を再度報告します。毎年、指摘事項の平準化や監査方法の改善などをおこない、環境安全監査の継続的改善に取り組んでいます。


ページの先頭へ