本文のエリアです。

ホームエネルギー LPガス

毎日の生活に欠かすことのできないガス。
安全性や、環境への配慮から、「LPガス」が今改めて注目されています。LPガスの可能性、パワフルなガスの仕組みについて、ご紹介します。

災害に強いエネルギー

LPガスは、分散型エネルギーで災害に強いエネルギーです。東日本大震災でも、避難場所・仮設住宅などにLPガスが供給されており、大活躍しています。万が一ガスが漏れても、設備や機器で安全装置が働き、ガスを遮断します。

ヒューズコック

何らかの要因でホースがコンロから外れてガスが大量に流れると、ガスを止め、ガス漏れを防止します。

ガス マイコンメーター

  1. (1) ガスが異常に流れた場合
  2. (2) ガスを異常に長時間使用した場合
  3. (3) 感震器が地震を感知した場合

ガスを遮断します。

この他、ガス機器にも安全機能が付いているので、安心して使用することができます。また、ガスのライフラインが遮断された後も、都市ガスの復旧よりも早く復旧させることができる点からも、災害に強いと言えます。

ヒューズコック

ガスメーター

クリーンなエネルギー

LPガスには、環境に配慮した特長があります。

  • 1燃焼するとき排出するCO2の量が、石油や石炭に比べて非常に少ない。
  • 2硫黄分をほとんど含まないためうえ、窒素も含まれていない。
  • 3燃焼時にススや灰分を出さない。
  • 4LPガス利用によるオゾン層破壊の心配が少ない。

LPガスは、総発熱量の割合が高く、高効率である面でも、環境に配慮したエネルギーであると言えます。

火災や災害が起こったのときの対応

地震が起こった時

地震でいちばん恐いのは、火災による二次災害です。揺れがおさまるのを待って、あわてず、落ち着いて行動しましょう。

  • 室内の火を素早くすべて消してください。
  • ガス栓・器具栓をすべて閉めてください。
  • 電気のブレーカーを落としてください。

火災が起こった時

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

台風・洪水のおそれがある時

容器バルブを閉め、容器が倒されたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。

ガスマイコンメーター復帰方法について

  • 器具栓をすべて閉めてください。
    使っていないガスの元栓が閉まっていることを確認してください。

  • 左側の復帰ボタンを押してください。
    「ガス止」の文字が消えます。

  • 液晶の文字とランプが点滅します。
    1分間お待ちください。

  • 液晶の文字とランプが消えます。
    復帰完了です。
    ガスは使えます。


ページの先頭へ