本文のエリアです。

IR情報開示方針

当社は、経営の透明性と企業の信頼性を追求し、株主、投資家の方々に対して、
迅速、正確かつ公平な情報開示をおこなうことを基本精神として、
以下のとおりIR情報開示方針を定めます。

1.情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法その他諸法令および東京証券取引所の有価証券上場規程に定める適時開示規則に従い情報開示をおこないます。

2.情報開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示については、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開するとともに、速やかに報道機関に情報を提供します。また、情報開示の後において、遅滞なく当社ホームページにも同一資料を掲載します。

3.インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引の未然防止を図るため、社内規程を整備するとともに、グループ会社社員全体への周知徹底と理解啓蒙に努めます。

4.沈黙期間

当社は、投資家の方々へ公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間とし、この期間の決算・業績予想に関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく乖離する見込みが生じた場合には、適時開示規則に従い情報開示をおこないます。

5.社内体制の整備

当社は、適時開示規則に基づく適時、適切な情報開示を実行する体制を構築するとともに、これを維持します。

当社の適時開示に関する体制図

当社の適時開示に関する体制図

(注)発生事実については、その発生を認識した時点で情報開示をおこないます。

投資家情報


ページの先頭へ