本文のエリアです。

LPガスの正しい使い方

LPガスを、安心・快適にお使いいただくために、LPガス及びガス器具などについて、正しいご理解をいただくことが大切です。ガス器具の性能、正しい使用方法、お手入れ方法、保管方法などは、取り扱い説明書や警告表示などをご確認の上、正しくお使いくださいますようお願いします。日ごろお使いになるガス器具の安全管理はお客さまご自身でも責任を持っておこなってください。

ガス機器をご使用するときのご注意

  1. 1.新しいガス機器をご使用の際は、LPガス専用の機器であることを確認してください(都市ガス用機器はご使用になれません)。
  2. 2.ガス機器は、取扱説明書をよく読んでからご使用ください。
  3. 3.ガス機器の保証書は大切に保管してください。

製造会社の銘板

点火、消火は目で確認

  1. 1.ガス機器のそばに燃えやすいものを置かないでください。
  2. 2.火が点いたか、消えたかは、必ず目で確認してください。
  3. 3.LPガスをご使用の時はその場を離れないでください。風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているとき油に火がつくことがあります。
  4. 4.ガスの炎は、必ず「青い炎」でご使用ください。赤っぽい炎は不完全燃焼している炎です。

器具栓、元栓はしっかりと

  1. 1.ガスをご使用されるときはガス栓を全開で、おやすみ前やお出かけの時は完全に閉めてください。
  2. 2.使っていないガス栓は絶対に開かないでください。また、必ずゴムキャップをつけてください。

ゴムキャップをつけた状態

ゴム管は時々点検を

  1. 1.ゴム管は赤い線のところまで差し込み、ホースバンドでしっかり止めてください。
  2. 2.ゴム管はときどき点検し、ひび割れやかたくなったものは使わず、早めに交換してください。
  3. 3.「三つ又」は危険ですので、絶対に使わないでください。

換気には十分注意してください

  1. 1.室内でガス機器を使用するときは、換気扇を回したり時々窓を開けて十分に換気をしてください。
  2. 2.小型湯沸器は長時間使用しないでください。

※換気が十分に行われていないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満し不完全燃焼を起こし、有害な一酸化炭素が発生するため、大変危険です。

マイコン ガスメーターの使い方

マイコン ガスメーターは、こんなときガスを遮断させます

ガスメーター表示の意味

しゃ断・警告の理由 考えられる原因 赤ランプ点滅 液晶表示

大量のガスが流れた

  • ・ゴム管はずれ
  • ・ガス機器が増えた
  • ・一度にたくさんガス機器を使用した

長時間ガスが流れた

  • ・風呂など機器の消し忘れ
  • ・煮物などで長時間コンロを使用した

警報器が鳴った
地震があった

  • ・ゴム管はずれ
  • ・吹きこぼれ、立ち消えなどによるガスもれ

ガスの圧力が低下した

  • ・LPガスの圧力が下がっている

供給を停止

  • ・入居時の開栓手続きが未済
  • ・料金未納による供給停止

上記のように、ガス漏れや地震の揺れを感知すると、ガスメーターは自動的にガスを止めます。マイコンメーターが働きガスが遮断されたときは、下記の手順で復帰させてください。

マイコン ガスメーター復帰方法について

  • 器具栓をすべて閉めてください。使っていないガスの元栓が閉まっていることを確認してください。

  • 左側の復帰ボタンを押してください。「ガス止」の文字が消えます。

  • 液晶の文字とランプが点滅します。1分間お待ちください。

  • 液晶の文字とランプが消えます。復帰完了です。ガスは使えます。

安全確認の結果、マイコンガスメーターが再び異常を感知した場合は、ガスが復帰しません。この場合は、復帰操作を繰り返さず、お住まいの地域のオブリガスへ連絡して下さい。