本文のエリアです。

ガス漏れ・災害の時は

LPガスは安全性の高いガスですが、もしもガス漏れが発生したり、災害が起こった場合は、慌てずに対応できるよう、日頃からの心がけを大切にしてください。

ガスが漏れたときの対応

CASE1 ガスの臭いに気がついたとき / 警報器がなったとき

  • 火を消す

    タバコの火など、室内の火をすべて消してください。

  • 元栓を閉める

    器具栓や元栓をしっかり閉めてください。

  • 窓を開ける

    窓や扉を大きく開け、ガスを自然に追い出してください。

  • スイッチに触れない

    電気のスイッチには絶対に触れないでください。(換気扇を回すのもNG)

上記の対応をおこなった後、LPガス販売店へ連絡し、点検を受けるまでガスを使用しないでください。

災害が起こったときの対応

CASE2 地震が起こったとき

  • ご自身の安全を確保してください。

    ご自身の安全を確保してください。

  • 火を消す

    使用しているガスコンロ等の火を止めてください。

  • 元栓を閉める

    ゆれが収まったらガス栓を閉めてください。
    ゆれの大きなときはバルブも閉めてください。

地震でいちばん恐いのは、火災による二次災害です。
揺れがおさまるのを待って、あわてず、落ち着いて火の用心を心がけましょう

CASE3 火災が起こった時

  • 容器バルブを閉める

    消防署員などに容器の位置を知らせてください。容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右回しです。

閉じる

CASE4 火災が起こった時

  • 容器を固定

    洪水のときは、容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されないようにロープなどで固定してください。

容器のバルブがしっかり閉まっているか再度確認してください。