本文のエリアです。

暮らしの新エネルギー機器 エネファーム

ENE・FARM

水素と酸素の化学反応で発電し、その際に出る熱でお湯もつくります。

「エネファーム」で発電する原理は、水の電気分解の逆。都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ、電気をつくり出します。さらに、発電の際に発生する熱を捨てずにお湯をつくり給湯に利用。エネルギーをフルに活用するシステムです。

一次エネルギーの削減とCO2削減率

一次エネルギー削減率 23% 削減 / CO2削減率 38% 削減

CO2削減量は、2,460㎡ の森林が吸収する量に相当します。

発電の原理

化学反応

お問い合わせは、お近くの営業所までご連絡ください。※営業所一覧で確認する