本文のエリアです。

先輩の声

航空燃料取扱事業(給油) 公共性が高く、使命感のある仕事をする喜びとともに。 羽田支社 給油部  給油1課 給油3係  2005年入社

給油課での事業内容を教えてください。

日本の空の玄関、羽田空港で航空機への給油業務を行っています。数少ない女性給油スタッフの1人として、給油作業に日々従事しています。給油は、ほとんどの場合、1人で給油車両を操作して行います。航空機1機に給油するための作業時間は国内線で約30分、これを1日あたり12~15機実施しています。
三愛石油では、政府専用機やプライベートジェット、海上保安庁への給油も担当しています。要人のフライトへの対応などもあり、公共性が高く、とても使命感のある仕事だと思います。

志望動機を教えてください。

業務内容や企業規模を知り、長所である持続力と負けん気を三愛石油で活かしたいと思いました。会社説明会では座談会での質疑時間や、現場の作業員の声を聞き働いている姿がイメージできました。その後、羽田空港へ直接足を運び展望デッキ上から作業見学や航空機を間近に感じ自分が働いている姿を想像し、「興味」から「働いてみたい」という強い意志へと変化しました。

img01

仕事において心がけていることを教えてください。

「安全・確実・迅速」に作業を遂行する為に、指差呼称(指差し確認)を指先にまで魂を込め実施しています。ヒューマンエラー(うっかり、ぼんやり、不注意、錯覚、省略行為、近道反応)を防止する為、指差呼称を実施し、作業の安全性・確実性を高めています。また危険物を取扱う作業であり、わずかな不注意や認識不足で重大な事故や災害を引き起こすことを認識し作業に取組んでいます。

img02

学生にメッセージをお願いします。

逆境に負けない強い信念を持った方は飛躍します。一つだけでいい、誰にも負けないものを見つけて下さい。必ず自らを守る武器になりますし、周りの方も助けられます。一緒に働けるのを楽しみにしています。
エネルギーをお客さまの快適な旅へ繋げよう!エネルギーは笑顔への道しるべ!

一日のスケジュール


ページの先頭へ