本文のエリアです。

先輩の声

航空燃料取扱事業 スケールの大きな環境で、ずっと形として残る仕事に関わっていきたい。 羽田支社 施設運営部  施設課 電気係  2007年入社

施設課での業務内容を教えてください。

施設課は、羽田支社敷地内の大型タンクやポンプなどのある貯油基地から、羽田空港敷地内のパイプラインが通る地下施設まで、燃料供給に関わるすべての施設の運営・管理を行っています。私は、給油施設に関わる電気設備や計装設備、集中監視制御装置などの点検・保守業務を担当しています。目に見えない電気を扱うので作業には細心の注意を払っています。点検作業のミスを防止し、航空機への燃料供給がストップすることのないよう努めています。

これまでの仕事で印象的なエピソードを教えてください。

2011年の東日本大震災です。安全装置が働き、給油施設の要であるハイドラントシステムが緊急停止。誰もが初めて経験する事態でしたが、日頃の訓練の成果により、余震が続く中、点検の結果燃料漏れもなく、ことなきを得ました。

img01

現在の仕事の面白みや、やりがいを教えてください。

目に見えない電気を取り扱うので作業には細心の注意を払っています。イレギュラーな事象に対し、その状況に応じて対処する中で、工夫も覚え、やりがいを感じます。また、国際線の拡張や滑走路の増設など日々変化する羽田空港を間近で見れることが面白いと感じると同時にやりがいを感じます。

img02

学生にメッセージをお願いします。

私が感じた三愛石油は、人を見る会社だと思います。ありのままの自分を受け入れてくれた、そんな印象を持っています。必要以上に飾らないで、ありのまま自分の姿を出すことを心がけてください。

一日のスケジュール


ページの先頭へ